ゆとけん

ゆとり研究所。ゆとりの僕が見るビジネス、経済、社会

【飲めるガム】「いろはす」ぶどう炭酸水

いろはす」ぶどう炭酸水を飲んでみました。

 

飲んでいると、こう思いました。

『なんか記憶にある味だな・・・』

 

!!

 

ガムだ!あの15年くらい前によく食べていた100円の板ガムだ!!

そうです、そのブドウ味の板ガムを10分くらい噛み続けた時の唾液の味でした。

ん〜、、はっきりいって美味しくないです(^-^;

だって飲めるガム、なんですもん。それも薄味の!

これを美味しいと思う人はどんな人なんでしょうか??  僕がブランドの責任者ならGOサインは出さないな。。

 

とはいえ、最近のフレーバーウォーターはおもしろい! ”飲めるガム"を手にとった私も魅了されている1人ですから^ ^ 

 

90年代後半でしょうか?「の天然水」がヒットしたのは。

あれも僕は大好きでした(´ω`)  日本におけるフレーバーウォーターの元祖と言っていいような気がします。

当時、「なぜ色もないのに味がするんだろう・・・」と思った記憶があります。しかも天然水!ですからね。

 

ももてんの大ヒット以降、清涼飲料水業界では「天然水使用」というキーワードが隆盛を迎えたそうです。「なっちゃん」とかね。

 

それからしばらくしてウォーターサーバーなどのインフラも整い、ミネラルウォーターを飲むのが当たり前になりました。

そこで起きたのが、水に味をつけるということ。

ももてん、なっちゃんとは逆の発想。おもしろいですね!

正直マニアでもない限り水なんて日本のものであれば、どれも一緒です。ブランドイメージを形作るための差別化戦略、とでも言えるのではないでしょうか。

 

僕にとって500mlペットボトルのフレーバーウォーターは、お風呂上がりや運動後の、映画やドラマ、読書、ネットサーフィンにぴったりなんです( ´ ▽ ` )

それだけでなく、ミネラルウォーターも2Lのペットボトルを買っています。

 

そうすると、、

ミネラルウォーターって、味もパッケージもシンプルだからなのか、不思議とブランドを揃えたくなるんですよねー。価格も大差ないですし。買いだめするとき、色や形がバラバラだとなんか嫌ですから。だってほら、冷蔵庫に同じパッケージが並んでいる方がカッコよくないですか? 笑  

 

 

ミネラルウォーター市場はここ数年拡大を続けているそうです。こうした企業努力には恐れ入ります。。

フレーバーウォーターを見てると僕はこう思うんです。

 

『工夫の余地ってまだまだたくさんあるんだ

 

と。天然水そのものに味をつけようなんて、これだけジュースがたくさんある世の中で中々思いつけることじゃないです。自然派志向、だけど欲張りな現代にとてもマッチしていると思います。

成熟しているように見える飲料業界、しかも水の世界でこんなことがあるんですから。まだまだきっと何かあるはずです!

 

中国の都市部なんかでもきっと売れるんじゃないでしょうか。陰ながら次の一手にも注目したいと思います。